子どもに やる気をださせる教え方のコツ!

障がい児教育・知育にピッタリです♪

第137回🍃 対人関係スキル7⑧ こんな時どうする?編

こんな時どうする? 

日常生活をしていく上で、判断してくれる大人がいつも一緒とは限りません。
困り感はあるものの、どうして良いか思いつかない…。
トラブルに遭遇した時、茫然と固まってしまう…。

言葉でのコミュニケーションも大切ですが、

<こんな時どうする?>という判断する力も大事になってきますね。

今回は、自分で判断し行動する力を身につけるために、まずプリントで模擬体験をしてみましょう♥

 

 

 

 ☘こんな時どうする?f:id:kobato-kyozai:20200415152831p:plain

日常的に経験しやすい場面を取り上げてみました。

予定外のことが起きた時でも、パニックにならずに、対処法を考える練習をしていきましょう。

 f:id:kobato-kyozai:20200424230442p:plain「こんな時どうしますか?」を考えてさせて下さい。

f:id:kobato-kyozai:20200606162633p:plain

 

f:id:kobato-kyozai:20200608135935p:plain

 

このようなトラブルは、誰もが一度は経験したことがありそうですよね!?

トラブルにあった時、ただただ「どうしよう…。」と固まってしまってはいけません。

自分で判断して、何とか行動できるというところまでいかせたいものです(*^^*)

 

プリント学習では、ちょうど今トラブル中!ということではないので、

なかなか場面をイメージできないかもしれませんが、こんな時どうするか?を考える練習なくして、実際のトラブル対処は難しいでしょう。

 

子どもが実際に経験したトラブルを思い出させることからスタートしてみて下さい。 

「本当に困った~。」という場面について向き合わせ、どうしたら良かったのかを一緒に考え、引き出してあげると良いでしょう。

 

「あの時は何も思いつかず対処できなかったけど、間をおいた今ならこうしたかもしれない」という風に、アイデアが浮かんでくる子どももいたりします。

どうしても対処法が思いつかない時は、適当な対処法を教え込みロールプレイで覚えさせてしまいましょう☆彡

 

繰り返し対処を模擬体験し、少しずつ自分の中に取り込んでいけると、子どもの一人歩きに対する不安感も減っていきます。

トラブルに遭遇した時、自分で考え判断して行動に移してみようとする「勇気」が育ち、気持ちの面で大きな前進が見られるようサポートしていきましょう♪

 

 

f:id:kobato-kyozai:20200211130101p:plain

次回は、状況・場面を説明する練習になります。

 

 アマゾン販売中  

 

第136回🍃 対人関係スキル⑦ 他人の気持ち編

他人の気持ち 

自閉的傾向をもつ子どもは「サリーとアン課題」で測られるように「心の理論」が欠如していると言われます。

実際、他人の目を意識することがないので恥ずかしいという気持ちはなく、平気で人前で鼻くそをほじったり、その鼻くそを口に入れたりしてしまいます(^-^;

「他人が見たらどう感じるのか?」など他人の気持ちを想像するのは最も難しい課題で、「空気を読めない。」「人の気持ちを考えない。」「身勝手な奴~。」と思われてしまうことも多いかと思います。

まずは、イラスト課題を使って言葉という形から入っていきましょう⤴✨ 

 

「サリーとアンの課題」とは…

「サリーがバスケットに片づけたパンはどこにあるでしょう?」という課題で、心の発達程度を知る心理学実験です。

場面はこうです。

①サリーがパンをもっています。

②サリーは、パンをバスケットにいれて、フタをして外に出ていきました。

③アンはサリーがいない間にパンを取り出して、アンの箱に入れてフタをしました。

④サリーが部屋に戻ってきた時、パンを取り出そうとします。

Qさて、サリーはバスケットと箱のどちらを開けるでしょうか??という問題です。

f:id:kobato-kyozai:20200606112809j:plain

 

相手の感情・心情を想像できるかが、この検査でわかります(*^^*)♪

 

 

☘どう思う? 客観的に見るf:id:kobato-kyozai:20200415152831p:plain

自分もやってるかもしれない行為を客観的にみるためにイラストをのせてあります。 

f:id:kobato-kyozai:20200424230442p:plain 「他人が見たら、どう思うでしょう。」

f:id:kobato-kyozai:20200606112755p:plain

 

イラストがあるので、少し状況がイメージしやすかったでしょうか。

子どもは、どの場面を見ても「ダメーッ!」と言い、この行為がダメな事!ということは感じたかもしれません。

 

しかし、ここではダメな事!を教えるのではなく、

見ている人がどのように感じるのかを考えさせていきます(*^^*)

 

「他人はどう思うの?」

「見てる人はどんな気持ち?」と問い直し、引き出していきましょう♪

 

どうしても出ない時は、教え込んでしまって構いません(*^^*)

「失礼なヤツ!」「生意気なヤツ!」「変なヤツ!」

と思うんじゃないかな!? 

というように<他人の気持ち>を言葉に直して教えてしまいましょう。 

 

f:id:kobato-kyozai:20200327153946p:plain

f:id:kobato-kyozai:20200422143236p:plainもう一枚、載せました!! 

やってみてください(*^^*)✨

f:id:kobato-kyozai:20200606115251j:plain

 

 f:id:kobato-kyozai:20200211130101p:plain

次回は、こんな時どうする?について学習します。

トラブルに遭遇した時、自分で判断して行動に移せるようになりたいですね(*^^*)

 

 アマゾン販売中