子どもに やる気をださせる教え方のコツ!

障がい児教育・知育にピッタリです♪

第137回🍃 対人関係スキル7⑧ こんな時どうする?編

こんな時どうする? 

日常生活をしていく上で、判断してくれる大人がいつも一緒とは限りません。
困り感はあるものの、どうして良いか思いつかない…。
トラブルに遭遇した時、茫然と固まってしまう…。

言葉でのコミュニケーションも大切ですが、

<こんな時どうする?>という判断する力も大事になってきますね。

今回は、自分で判断し行動する力を身につけるために、まずプリントで模擬体験をしてみましょう♥

 

 

 

 ☘こんな時どうする?f:id:kobato-kyozai:20200415152831p:plain

日常的に経験しやすい場面を取り上げてみました。

予定外のことが起きた時でも、パニックにならずに、対処法を考える練習をしていきましょう。

 f:id:kobato-kyozai:20200424230442p:plain「こんな時どうしますか?」を考えてさせて下さい。

f:id:kobato-kyozai:20200606162633p:plain

 

f:id:kobato-kyozai:20200608135935p:plain

 

このようなトラブルは、誰もが一度は経験したことがありそうですよね!?

トラブルにあった時、ただただ「どうしよう…。」と固まってしまってはいけません。

自分で判断して、何とか行動できるというところまでいかせたいものです(*^^*)

 

プリント学習では、ちょうど今トラブル中!ということではないので、

なかなか場面をイメージできないかもしれませんが、こんな時どうするか?を考える練習なくして、実際のトラブル対処は難しいでしょう。

 

子どもが実際に経験したトラブルを思い出させることからスタートしてみて下さい。 

「本当に困った~。」という場面について向き合わせ、どうしたら良かったのかを一緒に考え、引き出してあげると良いでしょう。

 

「あの時は何も思いつかず対処できなかったけど、間をおいた今ならこうしたかもしれない」という風に、アイデアが浮かんでくる子どももいたりします。

どうしても対処法が思いつかない時は、適当な対処法を教え込みロールプレイで覚えさせてしまいましょう☆彡

 

繰り返し対処を模擬体験し、少しずつ自分の中に取り込んでいけると、子どもの一人歩きに対する不安感も減っていきます。

トラブルに遭遇した時、自分で考え判断して行動に移してみようとする「勇気」が育ち、気持ちの面で大きな前進が見られるようサポートしていきましょう♪

 

 

f:id:kobato-kyozai:20200211130101p:plain

次回は、状況・場面を説明する練習になります。

 

 アマゾン販売中