子どもに やる気をださせる教え方のコツ!

障がい児教育・知育にピッタリです♪

第135回🍃 対人関係スキル⑥ 持ち帰り伝言編

 伝言の持ち帰り

「相手に頼まれた伝言をする」だけでなく、「伝言を頼んだ人に返事を持ち帰る」という場面も出てきます。

伝言しただけで返事を持ち帰って来なければ、仕事半分ということになってしまう場合もあります(^-^;

今回は、「伝言+返事の持ち帰り」を練習していきましょう⤴✨

 

 

☘どんなセリフが入る?f:id:kobato-kyozai:20200415152831p:plain

場面イラストを見て、状況を理解しながら💬に入る言葉を口頭で言う練習をしてみましょう♪

 f:id:kobato-kyozai:20200424230442p:plain「💬に伝言のセリフを書きましょう。」をやらせてみてください。

f:id:kobato-kyozai:20200602162726p:plain

 

f:id:kobato-kyozai:20200602162737p:plain

 

場面イラストがあるので、<返事を持ち帰る>という状況は理解しやすかったのではないでしょうか。

 

f:id:kobato-kyozai:20200424230645p:plain早速、ロールプレイです!

各場面を確認できるように、イラストにあるような三者の場面近距離で設定し、体験させてみましょう(*^^*)

あまり距離をとってしまうと…

伝える前に「伝えるべき内容」を忘れてしまうかもしれませんから、慣れるまでは近距離で挑戦すると良いかと思います♥

 

 

f:id:kobato-kyozai:20200424230645p:plain聞いたことがなかなか覚えられない…伝えられないという時は…?

伝言そのものが、ハードルの高いスキルなので、「相手の話したことを記憶にとどめて、まとまりのある話し方で伝える」ということは子供にとって難しいものです。

 

単語でさえも出てこないために…何を言わんとしているのか推測が難しいことも少なくありません。

単に記憶が苦手ということもありますが、

*「話者に注目しにくい!」

*「 話を聞き続けていられず、意識が散漫!」

*「周囲の刺激に即反応して集中が途切れやすい !」

などの特性が、記憶に結び付きにくい原因となっていることもあります(^-^;

 

ソーシャルスキルレーニング(下)」の(コミュニケーション分野)では、「聞いたことを記憶してそれを正しく伝える」というトレーニングがあるので、集団仕様にできているのですが、個人レベルに作り変えて使うことも可能なので、以下のような練習をやってみて下さい(*^^*)

 

f:id:kobato-kyozai:20200219160535j:plain伝言ゲーム

「いくつかの単語」と「短文」を次のように用意し、「聞く・覚える・伝える」という練習をゲーム感覚で身に着けていきます。

f:id:kobato-kyozai:20200605162332p:plain

 

👆チーム戦にしても良いのですが、まずは「聞いて覚える⇒繰り返して話す」練習に集中させてみる方が良いかもしれません(*^^*) 

 

上見本①②の単語数は5単語ですが、子どものレベルに合わせて単語数を増減したり、その子どものインプットしやすい言葉に変えたりと工夫をして下さい♪

 

③④の1文も同様に、「今日は晴れです。」「明日は6時に起きます。」など簡単なものから始め、徐々に「聞く力」や「記憶して話す力」を伸ばしていけたら良いでしょう(*^^*)♪

 

連絡文の伝言にもトライ♪

社会人になると、ルールに沿った行動が求められることが多く、連絡文を聞いて仕事をする場面も増えてきます。聞いた内容を正しく覚える、行動する、伝えるというスキルは必要不可欠なのです。

今から少しずつ訓練して身に着けていくことが大事です♪

 

f:id:kobato-kyozai:20200217105713p:plainやってみよう!

「①内容を話す人」と「②伝えられる人(チェックする人)」の2名の設定が必要です。

少し離れた場所に立って、①から聞いたことを②に正しく伝える練習をさせてみましょう✨

教室であれば、教室の隅(対角線上など)に立ち、短い距離でスタートしてみて下さい。

慣れてきたところで、隣の教室や廊下など隔たりのある場所へ伝えに行くなどして、少しずつ距離を伸ばした練習に取り組んでみて下さい(*^^*)

f:id:kobato-kyozai:20200602170134p:plain

②の人がもつチェックシートです。 

 

f:id:kobato-kyozai:20200217145035p:plainソーシャルスキルレーニングは

集団で行う中で、必要な態度(話者に注視、注目を持続など)を身につけていくものです。
「1セッション・40分程度のSST」を週1回程度で繰り返していくことにより、気持ちを集中できるようになったり、グループ・集団を意識するなどの一体感を感じる気持ちも育てていきます。

まだ未定ではありますが、スキルの紹介もしていこうかな…と考えてます。

 

f:id:kobato-kyozai:20200211130101p:plain

次回は、他人の気持ちを考える学習です。

 

 アマゾン販売中